倉庫管理システム(WMS)

サカタウエアハウスでは、化粧品、トイレタリー、電子部品、電気機器、一般用医薬品、医療機器、日用雑貨、健康食品など、多頻度小口物流/流通センター運営管理における豊富な実績と経験に基づいた倉庫管理システム(WMS)、輸配送管理システム(TMS)を活用しています。

サカタウエアハウスの倉庫管理システム(WMS)は、
このようなお悩みをすべて解決します

1.サカタウエアハウスの倉庫管理システム(WMS)の特長

サカタウエアハウスの倉庫管理システム(WMS)は、物流会社様の悩みや、必要としている以下のポイントについて対応します。

(1)複数の物流会社の業務運営管理に対応

  • 物流会社/物流子会社の業務運営管理に必要な、複数の物流拠点、同一敷地内の複数倉庫、複数の荷主企業の在庫管理に対応し、拠点間の在庫移動や、名義変更に対応したWMSの導入が可能
  • 荷主企業の新規登録時、得意先マスターの登録設定、および荷届先マスター、商品マスターへのデータによる一括登録に対応

(2)トレーサビリティ管理

  • 商品コード/ロットコードによる物流情報(入荷・入庫、在庫、出荷・出庫)の履歴追跡管理が可能であり、複数の荷主企業の在庫管理に対応
  • 日付範囲、得意先コードを指定し、該当物流情報の抽出と、CSVデータ出力による、迅速なデータ作成が可能

(3)バーコード検品システム、市販ソフトウエアとの連携

  • バーコード検品システムや、荷札ラベル発行システム、市販の帳票発行システム等との、データ受渡しによる連携が可能

(4)管理レベルに対応した在庫管理機能

  • 在庫区分により、入庫検査後の「良品」/「不良品」の在庫管理、商品の容量や形状をkeyとした在庫管理、ロット番号/消費期限による在庫管理に対応
  • ロケーション情報と商品コード、商品ロット、入庫日等の情報をリンクし、同一商品コードの個別管理が可能
  • パレット/ケース単位在庫、バラ/箱単位在庫等の保管ロット別在庫管理や、同一商品の得意先別在庫引き当て管理が可能

(5)得意先別請求管理

  • 得意先別保管料(三期制、坪貸)、荷役料、付帯作業料の月度個建/定額単価マスター登録管理と、得意先別月度締日別の請求データ作成に対応
  • 請求データのCSVデータ出力機能により、Excel等による得意先別の月度請求/売上管理と、営業所別集計管理が可能、在庫区分により、入庫検査後の「良品」/「不良品」の在庫管理、商品の容量や形状をkeyとした在庫管理、ロット番号/消費期限による在庫管理に対応
お問い合わせ

WMSモジュールの主な機能

サカタウエアハウスのWMSの機能一覧です。

2.サカタウエアハウスの倉庫管理システム(WMS)の機能

サカタウエアハウスの倉庫管理システム(WMS)は、主に次の7つの機能があります。

(1)入荷伝票登録(入力) (2)受払履歴検索
入荷実績(入荷日、名義、ロット、在庫区分)を登録できます。倉庫に格納したロケーション情報をあわせて登録します。 期間を指定し、商品コード、ロケーション№、伝票番号による、入荷・出荷の履歴検索ができます。
検索結果のCSVファイルへの保存、Excelへの貼付が可能です。
(3)日次実績報告 (4)棚卸準備、棚卸登録、在庫差異確認
入荷実績・出荷実績・在庫実績のデータ(CSV形式)を作成できます。荷主企業/担当者へ送付する、日次実績報告データとして活用できます 指定された荷主・名義・営業所・倉庫の棚卸表を出力し、棚卸結果を記入し、棚卸実数をシステムに登録することにより、棚卸差異のチェックを行います。
(5)出荷伝票登録(入力) (6)出荷実績検索
出荷指示票を入力し出荷実績を登録できます。在庫一覧から選択して在庫引落しできます 確定した出荷伝票データから、出荷日、荷届先コード、商品コードをキーとして、出荷伝票データの検索が可能です。
(7)請求書作成
請求先毎に、請求締め処理を行い、請求先に関連する登録した保管・荷役・個建て付帯作業料の請求明細、および請求書発行(弊社書式)を行います

3.利用者様の声

(1)お客様の声

今回、サカタウエアハウスの中堅中小物流会社向けWMSを新規導入したことで、在庫精度 が飛躍的に向上し、棚卸し時の誤差も無くなり、荷主様より高い評価と信頼を頂けるようになりました。その上、庫内の作業性、生産性も向上し、結果としてコ スト削減にも寄与できています。立ち上げも大きな混乱無く、思い切って導入してほんとうに良かったと思っています。

(2)システムパートナー様声

物流・流通の現場のシステムではWMSは基幹システムであることから使い勝手は非常に重要視されます。サカタウエアハウス様のWMSは、自社現場での経験を活かしたシステムであり、現場のニーズについても反映できており、お客様へも安心して提供できます。今後も、お客様へ良いシステムを提供するため、パートナー連携を密にしていきたいと考えております。

4.導入フロー

(1)お問い合わせ

まずは、弊社お問い合わせホームページよりお問い合わせください。

(2)ご訪問

担当者が貴社をご訪問させていただきます。

(3)デモ・ご案内

システムのデモ、または導入事例をご案内します。

(4)ご提案

貴社の現状を確認し、パッケージ/費用のご提案を行います。

₢킹
  • ƊEʃ\[V
  • qɁERokT[rX
  • VXeET[rX
  • iǗ̎g

このページのトップへ戻る