ニュースリリース

2012/3/6(火)~9(金) 『リテールテックJAPAN2012』に出展しました。

会 期:2012年3月6日(火)~9日(金) 
会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場・有明)
出展ブース:東1ホールRT-1104(流通システム開発センターブース内)

出展内容

【展示予定サービス内容】

  1. 流通センター運営管理対応WMSパッケージ
  2.  最新のWeb対応機能により、ネットワーク環境経由のPCにて、ID/パスワード管理による入力、実績・履歴照会が可能。流通センター運営管理に必要な多頻度小口物流をサポートし、商品のロットNo.管理、使用期限/消費期限管理、入庫日による在庫管理、トレーサビリティ管理に対応。物流会社に必要な保管料、荷役料、作業量の請求管理にも対応。

  3. Web対応受注システム
  4.  Webシステムにより受注情報の入力やアップロードの他に、WMS/TMSとの連動により入荷/入庫、在庫、出庫/出荷等の物流情報、ステータス、輸配送情報の共有が可能。 ID/パスワード管理により、担当者毎に操作権限の管理、情報閲覧の制限が可能。

  5. ロジスティクス/SCMコンサルティングサービス
  6.  倉庫/物流センターの拠点配置(統廃合)、輸配送効率化、センター内のレイアウトや業務フローの見直し、3PL人材研修・教育/セミナーの実施、物流情報化の推進など、ロジスティクス・システム構築や SCM導入をご支援。豊富な倉庫/物流センター実務の倉庫/物流センター実務の経験・ノウハウに基づき、机上論ではない実践的な解決策をご提案。

  7. 改正薬事法対応、化粧品・医薬部外品・医療機器向け「倉庫お任せパック」
  8.  薬事法に準拠した化粧品、医薬部外品、医療機器の製造業許可(包装・表示・保管)による製造業務に対応。個建て単価料金による物流費の変動費化、WMSによる製造業業務実績管理、入出荷履歴管理・実績管理、トレーサビリティ管理に対応。


主 催  日本経済新聞社
特別協力 財団法人流通システム開発センター


このページのトップへ戻る