情報システムの改善

1.現場の実務に即したシステムの導入により、業務改善を実現

貴社情報システムの改善すべきと考えられる点、方向性案を機能別に評価・分析します。

物流情報化よる期待効果を予測し、計画作りに向けた改善ポイントの絞り込みが可能です。

2.業務内容

(1)検品システム、各種マテハン機器の導入検討

倉庫管理システム(WMS)と連動した検品システムやマテハン機器の導入により、処理能力の向上と、物流品質の向上、および同業他社との物流サービス面での差別化に向けた仕組み作りを行ないます。

(2)受注センターシステム・自動補充・発注システムの導入検討

受注業務の集中化による効率化の実現と、受注システムと連動した定番商品の自動補充発注に向けた仕組み作りを行います。

(3)倉庫管理システム(WMS)と輸配送管理システム(TMS)の導入検討

倉庫管理システム(WMS)導入による実在庫管理、商品ロット/使用期限管理、ロケーション管理、先入先出し管理の仕組み作りを実施します。
また、輸配送管理システム(TMS)導入による運賃計算、配車支援、貨物追跡の導入とこれによる商品ロット追跡管理、輸配送コスト管理、複数荷主の配送業務受託に向けた基盤作りも行います。

3.その他のコンサルティングサービス例


お問い合わせ
  • 業界別ソリューション
  • 倉庫・3PLサービス
  • システム・情報サービス
  • 品質管理の取り組み

このページのトップへ戻る