センター内の改善

1.センター内のレイアウトや業務フローを見直し、業務改善方法をご提案

実際の倉庫図面をもとに、パレット配置、棚配置レイアウトを作成し、保管可能パレット枚数、棚配置可能な商品保管アイテム数を算出いたします。

作業者の動線、入出庫商品の仮置き場、フォークリフトの移動等を考慮した弊社実務経験にもとづくレイアウト案を作成することが可能です。

2.業務内容

(1)現行物流センターの処理能力/将来の物量変動に対する物流センター仕様の検討

現行の物流センターでの一人あたりの処理能力/生産性の評価、および将来の物量変動予想に対し、必要とされる保管
容量、人員数の試算、マテハン機器の設置による効率化検討、および作業生産性指標の目標値を作成いたします。

(2)構内作業の効率化の検討

実地調査をもとに作業フローを作成し、「ムリ・ムダ・ムラの排除」の観点から具体的な改善方法を提示いたします。

(3)構内レイアウトの見直し・検討

現在の物流特性に合わせた保管レイアウト、ピッキングエリアの棚配置図の作成、および商品、カテゴリ別、サイズ別、出荷特性による配置シミュレーションを実施いたします。

3.その他のコンサルティングサービス例


お問い合わせ
  • 業界別ソリューション
  • 倉庫・3PLサービス
  • システム・情報サービス
  • 品質管理の取り組み

このページのトップへ戻る